セマンティックコミュニケーション研究室


コミュニケーションにおける情報の持つ意味を理解・活用し,人と人とのコミュニケーションや人々の様々な活動を支援するためのプラットフォームやその設計・構築手法の確立を目指しています.

詳しく

Research

セマンティックWeb技術,知識処理技術,知的エージェント技術などを活用して,ネットワークを介したコミュニケーションや人々の活動を支援するシステムの実現を目指しています.

Publications

2016top

  • Fukuda, M., Huang, H.H., Ohta, N., Kuwabara, K.: Composing the Atmosphere of a Virtual Classroom with a Group of Student Agents, 16th International Conference on Intelligent Virtual Agents (IVA 2016) (2016).
  • Kuwabara, K., Iwamae, T., Wada, Y., Huang, H.H., and Takenaka, K.: Toward a Conversation Partner Agent for People with Aphasia: Assisting Word Retrieval, 8th KES International Conference on Intelligent Decision Technologies (KES-IDT 2016) - Part I, pp. 203-213 (2016).
  • Kurita, D., Roengsamut, B., Kuwabara, K., and Huang, H.H.: Knowledge Base Refinement with Gamified Crowdsourcing, 8th Asian Conference on Intelligent Information and Database Systems (ACIIDS 2016), Part I, LNAI 9621, pp. 33-42 (2016).
  • 福田 匡人, 冠野 哲也, 黄 宏軒, 桑原 和宏: 仮想学級による教員採用試験のための場面指導練習システムの開発, 第30回人工知能学会全国大会 (2016).
  • 岩前 貴之, 和田 侑大, 桑原 和宏, 黄 宏軒, 竹中 啓介: 失語のある人に対する単語想起手法の提案, 第60回システム制御情報学会研究発表講演会 (SCI’16) (2016).
  • 和田 侑大, 岩前 貴之, 桑原 和宏, 黄 宏軒, 竹中 啓介: 失語のある人を対象にした単語想起支援システムの提案, 第42回日本コミュニケーション障害学会学術講演会 (2016).

2015top

  • Roengsamut, B., Kuwabara, K., and Huang, H.H.: Toward Gamification of Knowledge Base Construction, 2015 International Symposium on INnovations in Intelligent SysTems and Applications (INISTA 2015), pp. 20-26 (2015).
  • Roengsamut, B., and Kuwabara, K.: Interactive Refinement of Linked Data: Toward a Crowdsourcing Approach, 7th Asian Conference on Intelligent Information and Database Systems (ACIIDS 2015), Part I, LNAI 9011, pp. 3-12 (2015).
  • Kuwabara, K., and Roengsamut, B.: Content Co-creation and Refinement for Microlearning Settings, The Seventh International Conference on Mobile, Hybrid, and On-line Learning (eLmL 2015), pp. 44-47 (2015).
  • 田 野, 竹田 勇馬, 黄 宏軒, 桑原 和宏, 川越 恭二: 高齢者の生活状況に基づいたエージェントの発話要約手法の検討, ヒューマンインタフェースシンポジウム (2015).

2014top

  • Ohta, N. and Kuwabara, K.: An Integer Programming Approach for Two-Sided Matching with Indifferences, Proc. 6th International Conference on Computational Collective Intelligence (ICCCI 2014), LNAI 8733, pp. 563-572 (2014).
  • Saito, Y., Roengsamut, B., and Kuwabara, K.: Incremental Refinement of Linked Data: Ontology-Based Approach, 6th Asian Conference on Intelligent Information and Database Systems (ACIIDS 2014), Part I, LNAI 8397, pp. 133-142 (2014).
  • Kuwabara, K., and Ohta, N.: Toward a Crowdsourcing Platform for Knowledge Base Construction, The Sixth International Conference on Information, Process, and Knowledge Management (eKNOW 2014), pp. 89-92 (2014). (Best Paper Award)

2013top

  • Homan, T., Morita, M., Yamaguchi, Y., and Kuwabara, K.: Construction of a Topic Database for Remote Conversation Support, International Journal of Software Science and Computational Intelligence, Vol. 5, No. 2, pp. 77-91 (2013).
  • Maeda, R., Ohta, N., and Kuwabara, K.: MapReduce-Based Implementation of a Rule System, in Badica, A., Trawinski, B., and Nguyen, N. T. eds., Recent Developments in Computational Collective Intelligence, Studies in Computational Intelligence Volume 513, pp. 197-206, Springer International Publishing (2013).
  • Kinomura, S. and Kuwabara, K.: Developing a Multilingual Application Using Linked Data: A Case Study, Proc. 5th International Conference on Computational Collective Intelligence (ICCCI 2013), LNAI 8083, pp. 120-129 (2013).
  • Yasuda, K., Kuwahara, N., Kuwabara, K., Morimoto, K., and Tetsutani, N.: Daily Assistance for Individuals With Dementia via Videophone, American Journal of Alzheimer's Disease and Other Dementias, Vol. 28, No. 5, pp. 508-516 (2013).
  • Morita, M., and Kuwabara, K.: Agent-based Customization of a Remote Conversation Support System, Intelligent Decision Technologies, Vol. 7, No. 3, pp. 175-184 (2013).
  • Aye, N., Khin, H. S., Win, T. T., KoKo, T., Than, M. Z., Hattori, F., and Kuwabara, K.: Multi-domain Public Key Infrastructure for Information Security with Use of a Multi-Agent System, 5th Asian Conference on Intelligent Information and Database Systems (ACIIDS 2013), Part I, LNAI 7802, pp. 365-374 (2013).
  • 斉藤 祐介, 木野村 晋吾, 桑原 和宏: チャットシステムを活用した留学生支援, 電子情報通信学会2013年総合大会情報・システムソサイエティ特別企画「学生ポスターセッション」, ISS-P-264 (2013).

2012top

  • Kuwabara, K., and Kinomura, S.: Mediating Accesses to Multiple Information Sources in a Multi-lingual Application, Proc. 4th International Conference on Computational Collective Intelligence (ICCCI 2012), Part I, LNAI 7653, pp. 326–334 (2012).
  • Ohta, N., Iwamoto, K., and Kuwabara, K.: Changeable Two-Sided Matching for Changing Environment, Proc. 11th IEEE International Conference on Cognitive Informatics and Cognitive Computing (ICCI*CC), pp. 174-177 (2012).
  • Homan, T., Morita, M., Yamaguchi, Y., and Kuwabara, K.: Topic Database for Conversation Support: Its Application and Access Control, Proc. 11th IEEE International Conference on Cognitive Informatics and Cognitive Computing (ICCI*CC), pp. 240-245 (2012).
  • Morita, M. and Kuwabara, K.: Dynamic Customization of a Remote Conversation Support System: Agent-Based Approach, KES-AMSTA 2012, LNAI 7327, pp. 566-575 (2012)
  • 寶満 亨, 森田 匡哉, 山口 悠, 桑原 和宏: 会話支援のための話題データベースの構築, ヒューマンインタフェース学会研究報告集, Vol. 14, No. 2, pp. 39-46 (2012).
  • 山口 悠, 寶満 亨, 桑原 和宏: 話題データベースにおけるメタデータを活用したアクセス権限の段階的編集, 電子情報通信学会2012年総合大会情報・システムソサイエティ特別企画「学生ポスターセッション」, ISS-P-150 (2012).
  • 木野村 晋吾, 北川 大輔, 桑原 和宏: 多言語知識源の連携による留学生支援システムの提案, 第74回情報処理学会全国大会, pp. 1-557 - 1-558 (2012).
  • 北川 大輔, 木野村 晋吾, 桑原 和宏: 言語グリッドを用いた留学生向け教材の多言語化支援システムの提案, 第74回情報処理学会全国大会, pp. 4-613 - 4-614 (2012). (学生奨励賞受賞)

2011top

  • Kuwabara, K., and Yasunaga, S.: Use of Metadata for Access Control and Version Management in RDF Database, Knowledge-Based and Intelligent Information and Engineering Systems (KES-2011), LNAI 6881, pp. 326-336 (2011).
  • 大田 直樹, 岩本 健児, 桑原 和宏: 動的環境における Two Side Matching について, 合同エージェントワークショップ&シンポジウム2011 (JAWS2011) (2011).
  • 森田 匡哉, 寶満 亨, 桑原 和宏: 遠隔会話支援システム「指差しチャット」のガジェットを用いた機能拡張, ヒューマンインタフェース学会研究報告集, Vol. 13, No. 2, pp. 7-12 (2011).
  • 寶満 亨, 森田 匡哉, 桑原 和宏: Web資源を用いた失語症者向け話題データベースの拡張, 電子情報通信学会2011年総合大会情報・システムソサイエティ特別企画「学生ポスターセッション」, ISS-P-233 (2011).
  • 村上 知弘, 油井 貴之, 桑原 和宏: 多言語対訳用語集における付加情報の活用, 第73回情報処理学会全国大会, pp.1-609 - 1-610 (2011).

2010top

  • Hattori, F., Kuwabara, K., Kuwahara, N., Abe, S., and Yasuda, K.: Socialware for People with Cognitive Disabilities, in Wang, Y., Zhang, D., and Kinsner, W. Eds., Advances in Cognitive Informatics and Cognitive Computing Vol. 323, Studies in Computational Intelligence, pp. 193-207, Springer (2010).
  • Aye, N., Hattori, F., and Kuwabara, K.: Bridging the Semantic Gap in Distant Communication: Providing Complementary Knowledge within a Context, International Journal of Intelligent Information and Database Systems, Vol. 4, No. 3, pp. 195-211 (2010).
  • Nakatsuka, M., Yasunaga, S., and Kuwabara, K.: Extending a Multilingual Chat Application: Towards Collaborative Language Resource Building, Proc. 9th IEEE Int. Conf. on Cognitive Informatics (ICCI '10), pp. 137-142 (2010).
  • Kuwabara, K., Shimode, Y., and Miyamoto, S.: Agent-Based Remote Conversation Support for People with Aphasia, KES-AMSTA 2010, Part I, LNAI 6070, pp. 371-380 (2010).
  • Yasunaga, S., Nakatsuka, M., and Kuwabara, K.: Web Ontology Building System for Novice Users: A Step-by-Step Approach, The 2nd Asian Conference on Intelligent Information and Database Systems (ACIIDS 2010), Part II, LNAI 5991, pp. 134-143 (2010).
  • Aye, N., Itoh, T., Hattori, F., Kuwabara, K., and Yasuda, K.: Remote Conversation Support for People with Aphasia, International Journal of Software Science and Computational Intelligence, Vol. 2, No. 1, (Special Issue: Symbiotic Computing) pp. 72-85 (2010).
  • 安永 章太郎, 中司 光紀, 桑原 和宏: 段階的なオントロジー構築支援とその応用, 信学技報 AI2010-22, pp.1-6 (2010).
  • 下出 裕也, 宮本 翔平, 寳満 亨, 桑原 和宏: 失語症者向け遠隔会話支援システム「指差しチャット」の構築, ヒューマンインタフェース学会研究報告集, Vol. 12, No. 2, pp. 7-14 (2010).
  • 中司 光紀, 桑原 和宏: 多言語チャットにおける対訳辞書収集手法の提案, 電子情報通信学会2010年総合大会 情報システム講演論文集1, p.48 (2010).
  • 中司 光紀, 島井 春香, 桑原 和宏: 漢字かな交じり変換サービスの構築, 電子情報通信学会2010年総合大会情報・システムソサイエティ特別企画「学生ポスターセッション」, p. 129 (2010).
  • 下出 裕也, 宮本 翔平, 桑原 和宏: 失語症者向け遠隔会話支援ツール「指差しチャット」における会話支援制御モデルの提案, 第72回情報処理学会全国大会, pp. 2-755 - 2-756 (2010).

2009top

  • Yasuda, K., Kuwabara, K., Kuwahara, N., Abe, S., and Tetsutani, N.: Effectiveness of personalised reminiscence photo videos for individuals with dementia, Neuropsychological Rehabilitation, Vol. 19, No. 4, pp. 603-619 (2009).
  • Yasunaga, S. and Kuwabara, K.: Information Retrieval from Multiple Regional Bulletin Boards using Semantic Web Technology, Proceedings of the Second Asian Joint Workshop on Information Technologies (Joint Workshop of Ritsumeikan University and Dalian University of Technology), p.54 (2009) (poster session).
  • Kuwabara, K., Hayashi, S., Uesato, T., Umadome, K., and Takenaka, K.: Remote Conversation Support for People with Aphasia: Some Experiments and Lessons Learned, Stephanidis, C. ed., Universal Access in Human-Computer Interaction. Addressing Diversity, LNCS 5614, pp. 375-384, Springer (2009).
  • 下出 裕也, 宮本 翔平, 桑原 和宏: 失語症者向け会話支援話題データベースの構築,第71回情報処理学会全国大会, pp.2-181 - 2-182 (2009). (学生奨励賞受賞)
  • 宮本 翔平, 下出 裕也, 桑原 和宏: Web ページの注目点共有による遠隔会話支援ツール「指差しチャット」の提案, 第71回情報処理学会全国大会, pp.4-87 - 4-88 (2009).

2008top

  • Aye, N., Hattori, F. and Kuwabara, K.: Use of Ontologies for Bridging Semantic Gaps in Distant Communication, 5th International Conference on Innovations in Information Technology (Innovations'08) (2008).
  • Aye, N., Ito, T., Hattori, F., Kuwabara, K. and Yasuda, K.: Conversation Support for People with Aphasia in Distant Communication The 7th IEEE International Conference on Cognitive Informatics, pp. 294-299 (2008).
  • Aye, N., Hattori, F., and Kuwabara, K.: Bridging Semantic Gap in Distant Communication: Ontology-Based Approach, Nguyen, N. T., Jo, G. S., Howlett, R. J., and Jain, L. C. eds., Agent and Multi-Agent Systems: Technologies and Applications, Second KES International Symposium, KES-AMSTA 2008, LNAI 4953, pp. 252-260, Springer (2008).
  • 桑原 和宏, 服部 文夫, Aye, N., 伊藤 卓朗: コミュニケーション・ギャップの解消を目指したリアルタイム・コミュニケーション支援, DS-2-3, 電子情報通信学会総合大会 (2008).

2007top

  • Hattori, F., Kuwabara, K., Kuwahara, N., Abe, S., and Yasuda, K.: Socialware for People with Disabilities, The 6th IEEE International Conference on Cognitive Informatics, pp. 321-326 (2007).
  • 桑原 教彰, 安部 伸治, 安田 清, 田村 俊世, 桑原 和宏: TV電話とコンテンツ共有を用いた高齢者への遠隔からの対話や回想法を可能とするシステムの実現と評価, ヒューマンインタフェース学会論文誌, Vol. 9, No. 2, pp. 41-52 (2007).
  • 上ノ山 広基, 服部 文夫, 桑原 教彰, 桑原 和宏, 安部 伸治: 介護支援を目的とした写真による移動ナビゲーションシステム, ヒューマンインタフェース学会論文誌, Vol. 9, No. 2, pp. 71-76 (2007).

2006top

  • Kuwahara, N., Abe, S., Yasuda, K., and Kuwabara, K.: Networked Reminiscence Therapy for Individuals with Dementia by using Photo and Video Sharing, ASSETS 06: The 8th International ACM SIGACCESS Conference on Computers and Accessibility 2006, pp. 125-132 (2006).
  • Kuwabara, K., Kuwahara, N., Yasuda, K., and Abe, S.: Semantic Web Enabled User Interaction for Cognitive Prostheses, The 3rd International Semantic Web User Interaction Workshop (poster) (2006).

Members

スタッフ

教授
桑原 和宏 (Kazuhiro Kuwabara)
准教授
黄 宏軒 (HUANG, Hung-Hsuan)
特任助教
大田 直樹

大学院生

岩前 貴之
Varit ASAWAVETVUTT
GOHOUROU Djedje Didier
ZHANG Qi
栗田 大貴
和田 侑大
福田 匡人

学部生

上殿 拳士朗
押栗 祐輔
木村 逸人
杉本 直隆
橋本 雄貴
吉村 龍之介
川内 康徳
池田 渓
池本 優一朗
小髙 航汰
片岸 祐梨菜
木下 遼祐
木村 清也
坂口 美有
住永 周優
高木 祥吾
中上 拓弥
浜口 巧
三上 瑞葵
坂本 佳駿
赤井 諒明
池田 悠
小木曽 喬太
中尾 匠吾
長澤 友希
平本 尚弥
藤本 康平
溝口 大之進
淀川 大
鷲見 里緒
PEI Ziyu

OB・OG

修了生

2016年9月
TIAN Ye
2015年9月
Boonsita ROENGSAMUT
2013年度
斉藤 佑介
2012年度
梅川 賢二郎
木野村 晋吾
前田 龍之介
山口 悠
2011年度
上里 孝文
中島 未羽
寶満 亨
村上 知弘
森田 匡哉
油井 貴之
2010年度
竹宮 拓人
中司 光紀
安永 章太郎
2009年度
下出 裕也
木原(平松) 陽介
宮本 翔平
吉田 幸央

卒業生

2016年9月
福田 匡人
2015年度
石川 健太
井上 陽介
加藤 智之
角森 大祐
冠野 哲也
栗田 大貴
駿同 洋輝
谷本 亮介
野田 采花
兵惠 愛美
別所 雄太
和田 侑大
2014年度
大橋 加那
川瀬 拳司
後藤 健太郎
堀 博貴
岩前 貴之
水野 瞬
坂口 翔太
2013年度
岡部 亮
川西 勇大
小山 俊介
是枝 浩嗣
津曲 翔太
遠山 直宏
橋本 卓昌
松浦 康平
南 尚希
2012年度
安藤 毅
石田 尚大
伊藤 貴洋
小笠原 将人
後藤 良太
澁川 良博
中川 澄人
野上 和弥
廣垣 太紀
松岡 徹
宮井 亮輔
2011年度
秋永 誠也
岩本 健児
上田 純平
北川 大輔
斉藤 佑介
鈴木 諒
友藤 宅哉
納庄 聡
平田 健
南野 晃希
2010年度
今中 健太郎
梅川 賢二郎
片山 大昭
木野村 晋吾
桒山 佳也
白澤 剛
鈴木 慈
都築 未来
中谷 知香
西村 実記
前田 龍之介
松本 佳之
森田 裕之
山口 悠
2009年度
金井 健治
喜多 秀樹
木村 陽介
佐藤 悠悟
重松 利弥
島井 春香
筒井 教之
中島 未羽
西田 亮
寶満 亨
万田 憲治
村上 知弘
森田 匡哉
油井 貴之
2008年度
井上 裕太
上里 孝文
馬止 紘平
川崎 太毅
合志 翔平
千葉 学
都筑 敬介
道幸 浩之
中司 光紀
林 昇平
深世古 悠
藤原 夢大
安永 章太郎
山下 晃史
2007年度
油木 佳祐
伊藤 幸二
加藤 淳一
下出 裕也
竹宮 拓人
田中 浩司
長﨑 浩貴
野口 晃
平松 陽介
三浦 糸永
宮崎 絵里香
宮本 翔平
吉田 幸央